2017年1月16日

ローンの残っている家を貸すことは可能ですか?

hl046_350a家を建てる際に住宅ローンを組んで購入された方がほとんどでしょう。
問題なく住宅ローンを返済できるといいのですが、生きていくうえで様々な問題もあるでしょう。
ローンの支払いが残っている状態で家を貸すことはできるのでしょうか?

住宅ローンが残っていると家は売れません

ローンの支払いに困ったり、急な転勤に大切な家を手放さなければいけない。
そんなことになった場合基本的に住宅ローンが残っていると家を売ることはできません。

単純に2,500万円の家を購入したとします。
頭金を支払うお金もなく、2,500万円住宅ローンを組んだとします。
何年か支払いましたが急な転勤で家を手放さなければいけない!!
そんな時に単純に2,500万円で購入したのだから2,500万円で売ればいい!
ということにはならないのです。

家の値段には建築会社や、工務店の利益が含まれています。
したがって、2,500万円で購入した家も2,500万円を大幅に下回る値段が家の価格となります。
基本的に住宅ローンの支払いが済んでいなければ家を売ることができませんが、賃貸にした場合どうなるのでしょう?

一時的な賃貸なら金融機関も認める場合があります

せっかく一生の一度の大きなお買い物!一時的な転勤で手放すのもなんだかそんな気分になりますよね。
住宅ローンの返済中でも「海外転勤」や「通勤が困難な場所への転勤」の場合などに賃貸を認めてくれます。

数年以内に必ず戻るという予定があるのであれば、融資を受けた金融機関に相談しましょう。
会社が発行した転勤を照明できる書類や、住民票が必要となる場合もありますので、事前に準備しておきましょう。

ただし、銀行に秘密で家を貸す行為はご法度です。
銀行に相談すると、賃貸用の住宅ローンへの切り替えや、優遇金利がなくなるなど、
デメリットもありますが、秘密で貸していることがばれると住宅ローンの一括返済を迫られる可能性もあります。
ですので、金融機関への相談は怠らないようにしましょう。

家を貸してローン返済の助けになるの?

単純に考えると住宅ローン返済の助けにはなりません。
家を貸せば家賃がまるまる入ってくるわけではありません。
家自体は購入者の物になりますので、固定資産税や、火災保険、地震保険には自分で入っておかなければなりません。
例えば返済が追い付かず賃貸へ移り住む場合も、賃貸+ローンと賃貸の差額分を支払わなければなりません。
また、大家業としての責任も発生しますので、貸すときのメリット、デメリットをしっかり把握しましょう。

最後に

住宅ローンの支払いに困った場合に単純に家を貸せばいい!という考えはうまくいきません。
借り手を自分で探すにも苦労ですので、不動産屋仲介を任せるとまたお金がかかってしまいます。

一時的な転勤や、やむを得ず一時的に家を離れなければいけない場合においては、
手間やお金はかかる可能性が高いですが、人の手が入らず朽ちてしまうよりはいいでしょう。

住宅ローンの組み立ては年収と見合う金額で行うのが一番です。